ファンデのおしごと

BA パウダリーバームファンデーション

POLAのエイジングケアライン「BA」のファンデーションは、季節ごとくらいにリニューアルしてまして、そのたびにクオリティに驚きます。

まぁお値段もそれなりにしますんで、してくれる仕事としては当然かもしれませんが・・・(笑)

いつもはスキンケア品を買うときに、カウンターで試させてもらうことが多いですね。

でも2017年秋冬のパウダリーバームファンデーションは、先にサンプルをもらえたので使ってみましたよ。

肌の上でバームからパウダーへ変化する、独特な使い心地でした

BAのファンデーションは、もともと油分が多いイメージがありました。密着するというより、肌にのって皮膚と一緒に動く感じというか。

パウダリーバームファンデーションも、コンパクトに入ったパウダリーファンデとしてはかなり油分が多く、ねっとりした印象。

だから「バーム」なんでしょうかね。

 

公式ページによると、クリーミィファンデーションと同量の美容オイルが配合されているんだそうな。そして肌にのばしたとたんに、パウダリーらしくサラサラになるとか。

それなら、保湿の下地をつけてクリームファンデをつけてお粉をたたくより簡単に仕上がるかな?

ファンデ本体は、見るからにネットリしてますね

 

スポンジに含ませる前に、指ですくい取ってみましたが、手触りが本当にバーム、って感じです。じわっとするというか、ニュルっとするというか。

油分が多いので伸びが良く、薄くサッサと伸ばせます。

BAの製品って華やかな香りがするものが多いイメージですけど、これはほとんど香りがしません。下地クリームの方が、香りが強いかな。

 

それで肌にのせてからの変化ですけど、これが本当に早かったです。

スポンジでスーッと大きなストロークで伸ばすと、最初はテラテラした感じになります。油分が多いんでね。

でもちょっと経つと、表面に薄く膜が張ったような感じでサラサラになります。それで、ちょっとこすったくらいじゃヨレないし、色移りもしませんでした。

 

カバー力を出すには、重ね塗りする必要があると思います。手早くやらないと、質感がすごく変わるので、最初はやりづらいかも。

仕上がりの素肌感はすごいですね。完全にマットに仕上がります。濡れたようなツヤが好きな人は、クリーミィファンデーションの方がいいかもしれません。

変化してからの密着度もなかなかなので、仕上げの粉も必要なさそう。手軽でいいですね~

クレンジングはちょっと丁寧にする必要がありそう。

仕上がりも簡単でほとんど崩れないから、長い時間メイクしておく必要がある時に良さそうです。

お値段はファンデ本体が11,880円(税込)、専用ケースが2,700円と、やっぱりお高いですが、さすがBAと感じるファンデーションでした。

このページの先頭へ戻る