ファンデのおしごと

プリオール美つやBBジェルクリーム

資生堂プリオールの、クリームタイプのファンデのサンプルをもらったので使ってみました。

「美つやBBジェルクリームファンデーション」という名前なんですね。長いw

プリオールのファンデーションは、以前パウダリーを使ったことがありました。

>>プリオール美つやBBパウダリーのレビューページへ

カバー力はあまりないけど、ツヤが出て普段使いには良さそうなパウダリーファンデーションでした。

値段も安いし。ジェルクリームファンデーションの方も、お値段は同じくらいで手に取りやすい。

カバー力の方はこっちが高いかな?と期待しました。

 

パウダリーとのカラー合わせで、望む肌感を作れそう

プリオールのファンデーションは、パウダリーもジェルクリームも5色展開といいつつ、カラーは4色だけなんですね。

あと1色は?と思っていたら、両方とも「トーンアップカラー」というのがあるんですね。

肌色とトーンアップカラーの組み合わせで、色味や質感が変化するので、どんな肌感も作れるというわけです。

もちろん、トーンアップカラーをジェルとパウダリー両方使ってもヨシ。カバー力はありませんが、自然で血色のよい、ツヤツヤした肌に見せることが出来るんですね。

さて、パウダリーで物足りなさがあったカバー力について、クリームタイプの方がいいのかも?と思いながら使ってみましたよ。

 

カバー力はパウダリーより高め。ギラつく感じは好き嫌いありそう

サンプルは明るめのオークル2と、暗いオークル3が入っておりまして、顔にはオークル2を使ったのでここではオークル3の方で説明を。

クリームを出してみると、結構な暗さ

 

「えーこれはちょっと『塗りました!!』って感じになるのでは・・・」

と思いながら伸ばしてみたら、全く色味が消えてしまうのでちょっとビックリ。

パウダリーを使ったときと同じように、あっという間にツヤツヤが広がります。

 

懸案のカバー力は、たしかにパウダリーよりあります!

ですが、ギラギラ感が強い~。ツヤツヤを通り越してギラついた感じになるので、これは好き嫌いがありそうだなーと感じました。

 

指でのばした後、スポンジでトントンとたたき込んでみたんですが、ギラギラ感は弱まらず。

そのまま半日ほど過ごしましたが、ずっとギラギラしてるんですよ(笑)

崩れないし、カバー力もあるので悪くないんですが、仕上がりの質感は好みが分かれそうだなと思いました。

 

一色ベタッとした顔にしたくない、という場合は良さそうと感じるファンデーションですが、個人的にはギラギラ感がどうしても気になり、愛用品にはならなそう、という印象。

たくさんのお店で販売されているし、テスターもあるので気になるなら店頭で試してみるといいですね。

このページの先頭へ戻る