ファンデのおしごと

資生堂dプログラム スキンケアファンデーション

資生堂dプログラムは、コンディションが一定ではない敏感な肌の人向きに作られているシリーズ。

スキンケア品が主みたいですけど、ファンデーションも。

それも、肌のコンディションがあまり・・・という時でも使えるスキンケアファンデーションです。

若い人ならパウダリーを。30代後半ならクリームタイプがいいかも

スキンケアファンデーション、と名前がついてるだけあって、お肌が荒れそうという時にも使えるタイプ。

長い時間メイクしておかなきゃならない、という人にも、負担が少なくてよさそうです。

 

口コミではパウダリータイプの人気が高いみたいですね。

肌にのせてみると、やっぱりパウダリーの方が断然軽い。

皮脂が十分分泌されている若い人なら、確かにパウダリータイプの方が良さそうです。

スポンジにとった時点では、ちょっとサラサラしすぎ?と思いました

軽い仕上がりな分、密着度はちょっと弱いですよね。

同シリーズの下地クリームは必ず使っておきたいかな。

 

つけた後は、ふわっとフォギーな仕上がり

手の周りをケアしないでいきなりファンデーションをのせたので、写真で見ると白塗りみたいになってますけど(笑)

パウダリーのわりには、カバー力もまずまずかなと感じます。

パウダリーの公式ページはこちら

 

dプログラムの下地クリームは、カラーコントロールも兼ねた3種類ありますね。

ニキビが出来やすくて、赤みが出がちならブルーグリーン、くすみがちならベビーピンクを。

特にカラーコントロールが必要でないなら、ナチュラルベージュを使っておくと良さそう。

私が使うなら、ピンクですね~。まず、くすみを軽減しないと。年代的に(笑)

 

年代的にというなら、ファンデーションもパウダリーよりクリームを選びたいですね。

クリームタイプは意外とコックリしてます

顔にのばすときは、本当に少しだけ出して伸ばすといいですね。

じゃないと、厚塗り感が出ちゃいそう。

ツヤツヤに仕上がります。

クリームタイプの公式ページはこちら

 

30代前半までの若い人が使うなら、下地クリームプラスパウダリーファンデーション、がオススメかなぁ。

クリームタイプは密着度が高いですけど、自然な仕上がりとは言い難いし。

口コミでパウダリーの方が人気が高いのも納得です。

 

肌荒れしていても使える、のがポイント

ニキビが出来ているとか、乾燥して荒れてるとかいう時も、メイクはしなきゃならないってことはよくありますよね。

メイクしたらよけい、肌が荒れちゃう~と思うとゆううつですが、dプログラムはそんな肌状態の時にも使えるので便利。

ただ、肌荒れしている時専用ってわけでもないので、肌のコンディションが一定じゃなく荒れやすいなら、ふだんからこういうのを使っておくといいんだろうなという印象です。

昔はこういう、「肌に優しいスキンケアファンデーション」なんてありませんでしたから、今の若い人はうらやましいですね~。

スキンケアを兼ねるので、結局予防にもなるわけで。

一定周期で肌荒れしやすい状態になる人に向いてるファンデーションだと思います。

このページの先頭へ戻る